フィンペシアとミノキシジル配合ポラリスNR-08の併用がおすすめ

フィンペシアとミノキシジル配合ポラリスNR-08の併用がおすすめ

フィンペシアとミノキシジルというと、現在ネットで一番人気なのがフィンペシアとミノキシジルタブレットの併用セットだと思います。

 

なんてったって、「発毛効果」が抜群に高いですからね。ただ、フィンペとミノタブはどちらも内服用の医薬品ということで、その分副作用があったという報告も多くあります。

 

なので、医薬品初心者やフィンペとミノキ使いたいけど副作用が怖いという人向けで当サイト管理人である【ウチピー】は、フィンペシア錠(内服薬)とミノキシジル配合育毛剤のポラリス(外服薬)の併用をおすすめしています。

 

※権威ある日本皮膚科学会もミノキ(外用)とフィナステリド(内服)を推奨しています

 

このセットならフィンペとミノタブのセットより育毛効果は若干劣るかもしれませんが、ポラリスはその分副作用の発症率も低くなります。

 

>>フィンペシアとミノキシジル配合ポラリスNR-07を使用した管理人の体験談はこちら

フィンペシアとミノキシジルの違い


そもそも、なんでフィンペシアとミノキシジルの医薬品コンビが相性がいいの?という疑問があります。

 

それはそれぞれの育毛に作用する特徴の違いがあるからです。

フィンペシアの特徴

フィンペシアの主成分であるフィナステリド(Finasteride)はAGA(男性型脱毛症)の抜け毛の原因に働きかけ、抜け毛を抑制する効果のある薬になります。

 

専門的な話では、AGAを引き起こす原因である5αリダクターゼ(還元酵素)がジヒドロテストステロン(DHT)に変換される活動を阻害する働きがあり、日本も含めた世界60カ国以上で使用され世界的に注目されている成分の一つとして有名です。

 

つまり、抜け毛を防止する事で、自力での発毛により髪の総量が増えるというメカニズムになります。

 

発毛を直接的に促進するタイプの効果ではありませんが、この薬だけで回復する例も多いです。(私も一時期使っている医薬品はフィンペのみの時がありましたがその時でも効果は実感していました。)

 

ミノキシジルの特徴

ミノキシジル(Minoxidil)はもともと血管拡張剤の一種として開発された成分で、後に発毛効果があることがわかり発毛剤として使用されるようになりました。

 

海外ではRogaine(ロゲイン)R、日本の一般医薬品としてはリアップ(大正製薬)とい商品名で販売されています。

 

体内の血管を拡張し血流を促進する働きがあり、

  • 血管拡張
  • 血流増加
  • 毛乳頭がより多くの栄養分を吸収
  • 毛母細胞が受け取ったエネルギー量に比例して活性化

という効果があり、毛根の発毛力を向上させる仕組みになっています。

 

このように「フィンペシア=抜毛抑制」と「ミノキシジル=発毛促進」で、改善作用としてぶつかることはないので相性は抜群に良いとされています。

 

フィンペシアとミノキシジル配合ポラリスNR-08の併用について

ポラリスNR-08って何?

そもそもポラリスのNR-08ってなに?と疑問に思う方もいるかと思います。

 

ポラリスNR-08は、アメリカのPolaris Labs社製の育毛剤で全5種類のポラリスシリーズが発売されていて、それぞれ育毛主成分であるミノキシジルの含有率が違ってきます。

 

ポラリスシリーズ全5種類紹介(売れている順)
  1. ポラリスNR-08 (ミノキシジル7%)
  2. ポラリスNR-07 (ミノキシジル5%)
  3. ポラリスNR-09 (ミノキシジル15%)
  4. ポラリスNR-10 (ミノキシジル16%)
  5. ポラリスNR-02 ※育毛シャンプー(ミノキシジル1%+フィナステリド0.05%) 3,880円
なぜNR-08がおすすめなのか?

それはずばりミノキシジルの含有率です。

 

ポラリスのNR-08が一番適量というか、ミノキシジルの含有量が多からず少なからずでちょうどいいからです。

 

いくらポラリス(外用)がミノキシジルタブレット(内服)より副作用の心配が少ないからといっても、NR-09の15%やNR-10の16%は少し高すぎる気がします。

 

逆にNR-07は5%とちょっと少なすぎて効果が期待しづらいのではないかと感じ、7%のNR-08にしました。

大手輸入代行オオサカ堂のおすすめ商品
  • フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)30錠 2,163円
  • ポラリスNR-08 4,4481円
  • フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)30錠+ポラリスNR-08+ニナゾルシャンプー 5,773円
  • フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)30錠+ポラリスNR-08+ニナゾルシャンプー+リジン1200mg(300錠) 6,684円

 

ミノキシジル配合育毛剤ローション【ポラリス】の使い方

 

  • 毎回1mlを頭皮の毛穴に染み込ませるように満遍なくマッサージ
  • スプレーの場合は目安として約10プッシュ(おすすめは正確に分量が測れて直接頭皮に塗布できるスポイトタイプ
  • 自分で決めた時間に1日2回(毎日忘れずに同じ時間帯に塗布するようにしてください)

 

>>フィンペシアの飲み方(服用方法)の注意点はこちら

 

医薬品よりは効果が劣るけど、リスクゼロで育毛したい!

  • フィナステリドやミノキシジルの副作用が怖い
  • 時間はかかってもいいから副作用のリスクなしで発毛したい
  • 既にフィンペやミノキ系の医薬品を利用したことがあるけど、副作用を発症した・・

という悩みをお持ちの方には医薬部外品の育毛剤を使ってみるという方法もいいかもしれません。

 

勿論、ジェネリックの医薬品に比べると値段的に高くなってしまいますが。

 

でも最近の市販の育毛剤の技術開発のレベルはあがり、副作用のない育毛成分でリスクなく髪の毛を生やすことが可能になってきています。

 

実は言うと私も過去に「フィンペシアとポラリスNR-008」を使っていたのですが、胃痛やEDの副作用を発症してしまい、やむなく市販の育毛剤を使い始めたという経緯があります。

 

>>フィンペシアとポラリスでの副作用に悩まされた私の体験談はこちら

 

半信半疑だった市販の育毛剤ですが、頭皮の専門家の方に失敗しない育毛剤選びのアドバイスも頂き、納得のいく育毛剤を選べたと今では感じています。

 

「試しに医薬部外品の育毛剤も使ってみようかな」という方は、人気育毛剤5メーカーの比較記事等もありますので参考にして頂ければと思います。

 

>>副作用がない医薬部外品の育毛剤を選ぶ上でのポイント7選!

 

>>当サイトおすすめの育毛剤を管理人が使ってみての感想はこちら