フィンペシアの初期脱毛が止まらない!?期間と発生する確率

フィンペシアの初期脱毛が止まらない!?期間と発生する確率

どうも、こんばんわ。当ブログ管理人の【ウチピー】です。

 

これからフィンペシアを服用しようと考えている方や既に服用し始めている方も気になるのがフィンペシアの初期脱毛ですよね。

 

私がフィンペシアを服用していた時も初期脱毛らしき現象を体現したのですが、頭皮の専門医の方に聞いたところ「それはフィナステリドが効いている証拠だから大丈夫」とのことでした。

 

それを聞いて一旦は安心したんですが、それでも心配性な私は「他の服用した人はどうなんだろう?」と気になって調べてみたんです。

 

すると、「初期脱毛みたいに抜け毛が増えることはなかった」という全く初期脱毛の症状を発症することなく髪の毛が生えてきたという方がいたり、その反対で「もう3か月くらい抜け毛の量が増えている状態が続いてる」という長期的な初期脱毛に悩んでいる怖い口コミもありました。

フィンペシア初期脱毛の期間と確率

結局のところ、ネットで書かれている情報はみんなまちまちでどれが本当なの?初期脱毛の期間って存在するの?と思いました。

 

また、「3か月も続いてる人もいるなら、このまま永久に抜けて行ってハゲ散らかしたらどうしよう」とすごいネガティブシンキングも発揮してしまいました(笑)

 

でも、不安でしたがそのまま服用を継続していると、約1週間で初期脱毛の症状はなくなりましたが(笑)

 

やはり先生が言っていた、「育毛成分によってヘアサイクル(髪の毛が一定周期で生え変わること)が変化する」ことに原因があるらしいですね。

 

ヘアサイクルとは「成長期」「後退期」「休止期」という3つの時期があり、

 

ヘアサイクル

成長期 : 髪の毛が生えてきて成長する時期
退行期 : 髪の毛の成長が止まる時期
休止期 : 髪の毛が抜けるのを待っている時期

 

フィナステリドの男性ホルモンを抑制する作用によってこの休止期から成長期へ移り変わるスピードが早くなり、新しく生えてきた太くて元気な髪の毛に古い髪の毛が押し出される形になり、抜け毛が発生する仕組みなんです。

 

そしてそのフィナステリドの効き目は個人の健康状態、ヘアサイクル時期によって変わってくるので、結果個人によって脱毛の時期や期間(生え変わる時期)が違ってくるという訳なんです。

 

だから厳密に言うと、はっきりした初期脱毛の期間はいつからいつまでとは言明できないんですが、大体目安としては服用し始めてから10日目〜30日目あたりの人が割合的に多かったという印象です。

 

初期脱毛を発症する確率は私が調べた限りでは、70〜80%ぐらいではないでしょうか。

 

結論として言えることは、初期脱毛が発生する時期や期間は人によってまちまちだが、古い髪の毛が新しい髪の毛に生え変わってきている証(効き目が出ている証拠)なので、そのまま現状維持でok!