フィンペシア(フィナステリド)が女性・妊娠に及ぼす影響

フィンペシア(フィナステリド)が女性・妊娠に及ぼす影響

ジェネリックのフィンペシアやプロペシアなどの主成分のフィナステリド製剤はAGA(男性型脱毛症)治療にはただいな効力を発揮しますが、一方で医薬品には付き物である副作用の危険性もあります。

 

その中でも特に注意したいのが女性への副作用です。

 

フィンペシア(フィナステリド)は女性NG!

医薬品海外輸入代行通販サイトや商品の用法(説明書)にも書かれている通り、フィンペシア(フィナステリド)は女性・子供が服用してはいけないことになっています。

 

厚生労働省のフィナステリドの注意喚起について

 

さらに言えば、フィナステリドは経口投与だけでなく外用として皮膚投与でも効果を発揮すると言われているので、場合によっては女性が触れてしまうだけでも副作用が発症してしまう可能性もあります。

 

万が一女性が内外からフィンペシア(フィナステリド)を取り入れてしまうと、重篤な病気を発症してしまったり、仮に妊娠中だった場合は生まれてくる赤ちゃんに外性器奇形という生殖器異常を起こす可能性があります。

 

ただ、基本的に錠剤はコーティングされているので大丈夫

とは言え、基本的に輸入代行通販で売られている錠剤や病院で処方される錠剤は、コーティングが施されているので大丈夫ですので安心してください。

 

ただ、万が一割れてしまったり、高温や水に濡れて溶けてしまいコーティングが剥がれた状態になってしまうと、女性に危険ですので注意が必要です。

 

女性がフィナステリドを服用中の男性に触れたり、性行為したりするのは大丈夫?

触れただけでも危ないって聞いてしまうと、当然次に考えてしまうのが「フィナステリドを服用している男性に触れたり、性行為したりするの大丈夫なのか」という点ですよね。

 

その点に関しての注意喚起や規制は全くないので安心してください。

 

感染経路は女性がコーティングされていないフィンペシア(フィナステリド)を直接的に内外から取り入れてしまった場合だけで男性からの間接的感染の可能性はありません。

 

フィンペシアは、あくまで「そういう可能性がある」というだけなので、用法用量を守り注意して使えば全く問題ない法的に認められた医薬品なので、あまり神経質にならずに使ってみてくださいね。

 

 

フィナステリドを服用中は献血しても大丈夫?

日本赤十字の指導で、プロペシアやフィンペシアなどのフィナステリド錠を服用している方は最低でも一ヶ月置いてから献血するようにとの決まりがあります。

 

服用中は子供ができないって本当?

「服用中は子供ができない」ということはネットで生まれたデマで、まずないので安心してください。ただフィナステリドの副作用として「精子減少」という症状の報告があり、精子の数が減少したことにより妊娠しづらくなるというケースは考えられます。ただ、フィナステリドの副作用が発症する確率は限りなく少ないのでそこまで気にすることではないのかなと思います。