「フィンペシア」を途中で止めるリバウンドの可能性とは

「フィンペシア」を途中で止めるリバウンドの可能性とは

途中で止めるとリバウンドの可能性があるのか

「プロペシア」やジェネリック医薬品である「フィンペシア」の服用を途中で止めると、男性型脱毛症が進行する可能性は高いとされています。

 

毎日欠かさず飲み続けることがリバウンドを防ぎ効果を上げることに繋がります。

 

ただし、飲み忘れの場合に2回分いっぺんに服用することは厳禁です。

 

脱毛予防効果のあるフィナステリドと発毛効果のあるミノキシジルによって脱毛を防ぎ、発毛を促進させる治療ということでフィナステリドを止めてしまうと高い確率でリバウンドすることがあげられています。

 

長期戦であることは確かですが、いずれ改善し薬を服用する必要がなくなるまでは根気よく続けることが重要です。その間に頭皮の環境に良いヘアケアや、全身の血行を良くするための適度な運動を行うことも欠かさずに。

 

晴れて「薬の服用をやめる日」を迎えるために

フィンペシアの服用を続けることは身体にとって負担がかかります。

 

早く効果を上げたい気持ちはあるけれど、1日1錠が原則で人により量も異なります。

 

処方通りに服用することが一番近道なので、たくさんの服用したからといって効果が劇的に上がるわけではなく、かえって安全性を欠くことになってしまいます。

 

効果を上げるためには、生活習慣の見直しをしてみることも大切です。

 

頭皮や育毛にとって理想的な就寝時間やストレスをためないようにすること、栄養のバランスを考えた食事を摂る、頭皮マッサージなど医師の指導のもとアドバイスを受けることも重要です。

 

服用については医師の処方が必要なため、その際に注意点や効率的な方法を聞いておくと安心です。