フィンペシアの副作用、頭痛や腹痛について

フィンペシアの副作用、頭痛や腹痛について

フィンペシアとは、男性型脱毛症に効果を発揮する育毛薬です。プロペシアと同じような効果を持つジェネリック医薬品で、プロペシアよりも安価で購入することができます。

 

男性型脱毛症はさまざまな原因で起こり、環境や遺伝、男性モルモンなどが原因だといわれています。

 

フィンペシアは男性型脱毛症に有効な成分「フィナステリド」を含んでおり、このフィナステリドが発毛を阻害する成分であるジヒドロステロンの生成を防いで、男性型脱毛症による抜け毛を予防する効果があり、しっかり髪に成長期が来ることによって頭頂部や生え際の毛が太く長く育つようになるため、薄毛に効果的だとされています。

 

しかし、フィンペシアには全くリスクが無いわけではなく、服用することによって副作用がおこる場合があります。

 

具体的には、性欲減退や勃起不全、精子の減少などが軽微な症状が現れることがあり、体質によっては頭痛や腹痛、下痢や胃の不快感など、体調不良といった症状が現れるとされています。

 

また、女性には重大な副作用があるともいわれており、特に妊娠中などは胎児に異常が現れる可能性もあるのです。

 

このような症状が出た場合には、服用を止めて医師に相談することが大切になります。