「フィンペシア」飲み合わせに関する注意点

「フィンペシア」飲み合わせに関する注意点

「フィンペシア」飲み合わせに関する注意点

男性型脱毛症の治療薬「プロペシア」やジェネリック医薬品である「フィンペシア」などのフィナステリド錠を使用している人が増えていますが、その飲み方についての注意点を守ることはとても重要です。

 

今のところ飲み合わせについて問題のある薬剤はないようですが、風邪薬を飲まなければならないような場合には、念のため1〜2時間ほど時間をずらして服用するなどの安全策をとることが良いとされています。

 

またフィナステリド錠と同様の効果を持つデュタステリド薬がありますが、効果が似ている薬と一緒に飲むことは避けるなどの注意も必要です。

 

気を付ける点においては、飲み忘れないことも大切ですが、飲み忘れたからといって2回分をいっぺんに飲むことは厳禁です。

 

飲み合わせとともに重要なのは飲み方です。その人の症状に合わせて処方されているため、当然ですが服用量を守ることが原則です。

 

「プロペシア」やジェネリック医薬品である「フィンペシア」は、高血圧や前立腺肥大症にも処方されている薬なので、服用量は病状や症状によって様々、その点をよく理解しておくことが大切です。

 

また過去に何らかの副作用が出たことがある場合や、肝臓に不安を抱えている場合は服用してはいけないとされています。

 

「プロペシア」や「フィンペシア」は、服用を途中でやめてしまうと男性型脱毛症が進行する可能性が高くなるため、毎日欠かさず飲み続けることも重要です。

 

服用してはいけない条件としては、「未成年」や「女性」の方、服用しているときにしてはいけないこととして「献血」、服用に際しての注意をきちんと守ることによって、安全に効果を上げることが期待されます。